トウシュの年間映画365本  LOFT 完全なる嘘(トリック)

トウシュの年間映画365本

 

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

 

『LOFT 完全なる嘘(トリック)』 個人評価☆2・5 予想評価☆3・0

オランダ発のスリラー。とはいえお国柄は関係ない

 

早速ですがあれですね。ハリウッドのネタ切れというのは60年位語られているそうですが、ありそうでない。なさそうであるのがアイデア。常にフルの能力を発揮していれば常にネタ切れも続くわけで…。その真摯さの恩恵にあずかる身としては感謝こそすれ嗤う気にはなりません。

 

とはいえ今回はオランダ映画。しかもベルギー映画のリメイク作品ということでそこまで凄いアイデアでもないような気がする作品ですが、不倫に厳しいキリスト教圏ではやはり受けるのでしょうか。トリックが二重構造になっているのですが、一つ目がともかく二つ目はちょっと弱いですね。。こうした映画の場合嘘でも良いのでもう少し一つ目が大きく見えるように構成した方が良いと思うのですがどういった考え方なのかなと不思議に思います。

 

観賞が苦痛とは言えないまでもあっという間の時間でもなく、アイデアにもさほど感心しなかったので2・5点。一般的にはそれなりに楽しめるかもしれません。3・0点。しかしながらこの手のトリック映画の中では凡庸な作品です。

 

 我ながら見事に妥当な点数です。