トウシュの年間映画365本 明日を継ぐために


町山智浩 不法移民の厳しい現実「明日を継ぐために A Better Life」20110805

トウシュの年間映画365本

 

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

 

『明日を継ぐために』  個人評価☆3・0 予想評価☆3・5

移民排斥派には辛い映画。しかしながら移民は怖いのも事実

 

 

早速ですがあれですね。以前は砂漠を越えてくる南米移民もある意味ギャグのような扱いの時期もあったのに最近は問題が先鋭化されすぎて解決の糸口はなさそうです。純粋な犯罪者が入ってくるわけでもなく、かといって善良なものばかりでもなく、トランプの政策を笑うのは簡単ですがよき解決の方法は誰も知らない。といったところ。

 

もっとも再視聴したくない映画、自転車泥棒をベースにしただけあって涙ではすまされないハートをわしづかみにされる映画でした。ほとんど話題になっていないのが嘘みたいですね。

  

技巧的、演技、脚本共に秀逸な出来栄えです。ただし問題の側面は確かにとらえているものの些か公平性には欠ける政治主張はよに誤解を招きかねないので減点。3・0点。心の通った人間なれば間違いなく感動する。泣ける映画とはこの作品のことで一般評価は3・5点。全日本人が観た方が良い映画であると思います。おススメ。

 

我ながら見事に妥当な点数です。