トウシュの年間映画365本 カットバンク

 

トウシュの年間映画365本

 

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

 

『カットバンク』  個人評価☆3・0 予想評価☆2・5

コーエン風味の映画からある種の嫌味を抜いた映画。

 

 早速ですがあれですね。アメリカは巨大な田舎とは誰の言葉だったか。こうした田舎町を舞台にした映画をみると閉塞感や無常さを感じて、内容以前に郷愁に駆られるような気分になります。どうやって生活してるんでしょうか。

 

でこの映画はといえば、小市民の悪知恵があれよあれよと大きな事態を引き起こすという体のもの。よくある形だし斬新な工夫もありませんでしたが、類似の映画をよく研究したうえで精査された内容で大変楽しめました。

  

平均的な映画ながらオチが気に入りました。3・0点。一般的には大多数の方は2・5点を付けられるおそれもありますが高く評価される方もまずまず居そうですね。こうした悌夫さん映画でもきっちりと仕上げてくるあたりかの国の層の厚さが感じられます 

我ながら見事に妥当な点数です。