トウシュの年間映画365本  エベレスト

トウシュの年間映画365本

 

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

 

『エベレスト』  個人評価☆3・0 予想評価☆3・0

結局のところいかなきゃいいのに。

 

 早速ですがあれですね。人間は二つにわけられます。山を登る人間と登らない人間。山を登る人間の価値観は登らない人間からは理解できませんが、登りたいのならば登ればいいと思います。ただしやたらと補助付きなのはどうなんだ。とか思いますが。とはいえそれを生業にしている人がいる以上門外漢が文句を言うのもおかしな話。禁止になれば困る企業や個人はやまといるわけで・・・。

 

映画としてはそんな人たちの哀しい事件を題材にした実直な映画。景色や映像が良く見ごたえがある作品です。ただし、山に登ったその先でいかなる英雄的行為をしようともあまりに称えすぎるのもどうでしょうか。山に登って死ぬのはいけないでしょう。テンションが上がって無理をすると戻っては来られない。とこの映画でもいってますしね。

 

優秀な映画ですが、テーマが微妙だしで個人評価で3・0点。一般的にも普通にハラハラできる良作といえるでしょう。3・0点。今作るのであればただ顧客とガイドの関係性などもう少し踏み込んでもっと生々しくしないと制作の意図が薄くなる。という苦言はあります。

 

 我ながら見事に妥当な点数です。