トウシュの年間映画365本 レプリコーン・オリジンズ

 

トウシュの年間映画365本

 

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

 

『レプリコーン・オリジンズ』  個人評価☆2・5 予想評価☆2・0

凡庸極まりない作品ではあるが、評価はその場合凡庸になる。

 

早速ですがあれですね。観たことのあるようなお話を退屈に聞くか、その中からも新鮮さを探し求めるか。これは理想の話ですが、評価する際には出来る限り後者の姿勢を取りたいものの、やはり人間。難しいというのも真実。

 

全くもって本作には新鮮味はなく、過去の同類映画のつぎはぎ作品ではありましたが、何一つアイデアを出さずして一つの作品を仕上げるというのもあるいみ技術といえるでしょう。創作活動とは呼びにくいですが。

 

個人評価は2・5点。なんの新鮮味もありませんでしたが下手ではなくそれなりの作品にはなっています。一般的にはやはり視聴がややつらいと思える冗長さが気になります。2・0点くらいの評価でしょう。ただモンスターパニックにはまりたての方なんかにはかなり酷評される部類の映画です。

 

 我ながら見事に妥当な点数です。