トウシュの年間映画365本  恐竜・怪鳥の伝説

トウシュの年間映画365本

 

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

 

『恐竜・怪鳥の伝説』  個人評価☆2・5 予想評価☆1・5

モンスターは非常に残念だが、今観てみると逆にクセになる気がする。

 

 早速ですがあれですね。ジョーズによって世界中で巻き起こったモンスターパニックブーム。このブームっていつ終わったんでしょうか。今のレンタルショップに並ぶラインナップを観るかぎり未来永劫続くのではないかと思います。

 

さてこの映画非常にレベルの低い操演によるモンスターがマニアの間で知られる、大失敗映画ですが、意外や意外。私は結構気に入ってしまいました。好みで評価するのであればかなり高い評価になると思います。

 

操演がすごく下手糞で恐竜(海竜)の造詣が不細工なのにまったくごまかしをしないその姿勢が疑問とそこはかとないおかしみを醸し出しています。こうしたトホホ映画にありがちな微妙にちぐはぐな会話もツボです。

 

ただ、個人評価とはいえ出来不出来で評価している以上個人評価で2・5点ご覧になればわかると思いますが激アマです。マニアを除いた一般評価は1・5点。というか0.5点でも充分に公平かもしれません。

 

  我ながら見事に妥当な点数です。