トウシュの年間映画365本 凶悪

[rakuten:auc-tecc:10030459:detail]

トウシュの年間映画365本

 

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

 

『凶悪』  個人評価☆3・0 予想評価☆3・5

演技派の二人。俳優とはなんだ。

 

早速ですがあれですね。イケメンの俳優をイケメン俳優。イケメンじゃない俳優を性格俳優。という言葉がありますが。イケメン俳優はともかく性格って何なんでしょう。まあ日本ではそんな性格俳優の育つ土壌が貧しく限られて人数しかいない為に作家や漫才師や音楽家がその枠で仕事をしています。

 

この映画でも作家(イラストレイター)とミュージシャンが絶妙な演技で屋台骨の役割を果たしており、きちんとした俳優・演技学校のない日本ではある種の天才頼りの映画作りが蔓延しているな。とさみしい気持ちになります。ダンス学校が山ほどあるんだから演技の学校ももっとあってもと思います。

 

類型的な物語ですが上質であり個人評価は3・0点。ちょっとテーマが微妙な気がしたので辛めの点数です。一般的には小難しいマイナスを無しにしたうえでお話の救いのなさからやや減点の3・5点くらいの高評価でしょう。

 

 我ながら見事に妥当な点数です。