トウシュの年間映画365本  ザ・ゲスト

トウシュの年間映画365本

 

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

 

『ザ・ゲスト』  個人評価☆3・0 予想評価☆3・5

非常に高いレベルでまとまった作品。全体を漂う言い知れぬ不安感は見事。

 

 早速ですがあれですね。アメリカの特殊部隊ってどのくらいの人数いるのでしょうか。特にミリタリーマニアではない私でもシールズ、デルタ、レンジャー、グリーンベレー、コマンド(特殊作戦群)、あと警察のスワットとかもそうですか特殊作戦群はいっぱいあるみたいですし、どんだけ特殊なんでしょうか。

 

初見ではジャンルもわからず本当にどうなっていくのか展開が読めない映画で大変スリリングに楽しめました。まず裏をかくこと表裏を読ませない演出はかなり良かったと思います。脚本としてオチに強さがもう少しあればなお良いですが、これはここまでという割り切りを持つのも大切です。

 

通な私としては個人評価で3・0点。騙す映画には騙すだけでなくそこに爽快感が必要だと思います。一般的には素直に楽しめる方が多そう。3・5点。これ以下の点数の方も多くいらっしゃるかもしれませんが、この映画より下の映画はそこまで多くないですよ。平均点が2点なっちゃうと思います。

 

  我ながら見事に妥当な点数です。