トウシュの年間映画365本  ザ・クリーナー 消された殺人

 

トウシュの年間映画365本

 

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

 

ザ・クリーナー 消された殺人』  個人評価☆2・5 予想評価☆2・0

演出・演技のレベルは高いがいかんせんあんまり面白くない。

 

 

早速ですがあれですね。死体清掃モノって最近多いですね。映画でも漫画でもよく見かけます。”死”の扱い方が文化的に変容してきているのかもしれませんね。

 

かなり王道のサスペンス映画で、特に序盤は無名ながら良作の予感も感じましたが、設定はいいものの映画としてのネタ。特にオチや盛り上がり方がちょっと肩透かしでもうちょっと頑張って頂きたいというのが正直な感想。

 

山ほど映画をみる人間にとってはそれなりに良さがあるということで個人評価で2・5点。一般的にはやや冗長で厳しいと思います。2・0点。これ以下の点数の方も多くいらっしゃるかもしれません。逆に高く評価する方は演技に注視するタイプでしょうか。

 

  我ながら見事に妥当な点数です。