トウシュの年間映画365本 7DAYS ~U2を呼べ~

トウシュの年間映画365本

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

『7DAYS ~U2を呼べ~』  個人評価☆3・0 予想評価☆3・5
七日間で”U2”を田舎町に呼ばないと殺されるという無理難題。

早速ですがあれですね。ブリックスって今どんな感じなんでしょうかね。

昔、サラリーマンをしていたころはこれからは~って言われていましたが、

いろいろあってしぼんでしまったのでしょうか。

先進国の数は面白い日本に入ってくる映画の数に比例しそうなので気になります。


大抵わざわざ振興国から入ってくる映画は面白いのが通例ですが、

この映画もご多分に漏れず面白いです。

というか映画のレベルで言うとブラジルと日本は同レベル程度かもしれません。

クライム映画のありがちな内容ですが全体のレベルはやや高めと観て

個人評価は3・0点。こうした新興国系の映画は見知らぬ人には好意的に

うけいれられがちなので一般評価は3・5点。なかなか良い体験になる映画ではないでしょうか。

我ながら見事に妥当な点数です。