トウシュの年間映画365本 ハード・パニッシャー

トウシュの年間映画365本

 

たぶん日本で一番映画に平等な視点を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。気になさらない様にお願いします。

 

『ハード・パニッシャー』  個人評価☆2・5 予想評価☆3・0

マイナーヒーロー”パニッシャー”と同じことをしているが・・・

 

早速ですがあれですね。復讐は何も生まない。とかよく映画なんかでいいますが、

けしてやってる方も生産的な活動をしようとしてしているわけではないので、

それで説得しようなんて無理がありますよね。タバコは体に悪いから~っていうのも同じです。

 

さてこの作品。しっかりした演出もありストーリーもシンプルで大変楽しみやすい映画です。低予算映画としては高品質の部類といって過言でないでしょう。

とはいえ、画面に派手さや華がない以上、アイデアまどで、もう少しサービス精神のあるチャレンジが欲しいなと思います。かなり辛口ですが普通の映画ということで個人評価は2・5点とします。
一般評価ではそこまで辛口にする理由はないので面白い映画として3・0点。場合によれば3・5点まではつけても変じゃないかなと思います。

 

我ながら見事に妥当な点数です。