トウシュの年間映画365本 パラサイト・クリーチャーズ

トウシュの年間映画365本

たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

 

『パラサイト・クリーチャーズ』  個人評価☆2・5 予想評価☆2・0

題名で分かるようにそれっぽい映画。まさにそれっぽい。

 

早速ですがあれですね。いわゆる映画オタクにはB級映画の由来から、現在の呼び方を誤用とするむきでの発言をされるかたがいらっしゃいますが、語源は常に言葉の意味を表すものかという点では疑問が残ります。

 

さてこの作品、常用の意味でのB級作品と呼ぶにふさわしい映画ですね。なんせ題名からなんのひねりもない題名です。カツカレーと一緒ですね。パラサイトするクリーチャーですから。この題名で商品の陳列棚に並べるのはうまい棒並みに勇気のあることだと思います。

 

内容は映像や演出はかなりレベルが高いものの、ずーっと面白くなりそうなままとうとう面白くならずに終わる。ということで個人評価で2・5点。技術だけはそれなりにあります。一般評価は厳しいでしょう。2・0点。

ただこのタイトルで期待するような人を一般とは呼ばないでしょう。

 

我ながら見事に妥当な点数です。