トウシュの年間映画365本 アナベル 死霊人形の誕生

トウシュの年間映画365本

たぶん日本で一番映画に平等な視点を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。

アナベル 死霊人形の誕生』  個人評価☆3・5 予想評価☆3・0
上質なホラーシリーズ”死霊館”の新作。あの夫婦はどこへ行った?



早速ですがあれですね。このアナベル人形。確かにインパクトはありましたが、

まさかバットマン並みに映画に登場するほどの成長コンテンツだったとは驚愕ですね。



さてこの作品。相も変わらず順調に上質です。奇をてらわずにドラマやショック場面、

などなどの要所を普通のドラマ映画と同レベルの域で達成することで、

ホラー映画を上質なものとしてきたこのシリーズ。今回も同程度にレベルが高いです。



ホラーの面白みにはかけるものの前作よりも技術が上がっていることを

高く評価して個人評価で3・5点。一般評価も普通に面白いというところで

3・0点。ただシリーズで似通いすぎているのでやや乱造気味になっています。

ちょっと飽きが来た人はもう少し低めに評価するでしょう。


我ながら見事に妥当な点数です。