トウシュの年間映画365本 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』  

個人評価☆3・5 予想評価☆4・0

いっぱい作っているうちにレベルがどんどん高くなる。


早速ですがあれですね。彼らもアベンジャーズに合流です。

キャラクターが渋滞している作品にこれを足す。・・・

さすがアメリカ。

 

シカゴピザのようなボリュームで鑑賞前から胃もたれしそうですが、

意外や意外綺麗に交通整理されています。めちゃくちゃ上手いですね。

 

何よりも素晴らしいのは音楽でしょうか、

ただのSFアクションをPOPな作品へと進化させています。

全体のイメージ、成功図が高い次元で共有されているという事でしょう。 

 

キャラクターのすみわけも前作に比べても格段に研ぎ澄まされております。

これをしておかないとアベンジャーズに入れませんので、

よく頑張ったという所ですね。


私としてはうまさに目が行くものの感動まではなかったので、個人評価で3・5点
一般的にも4・0点。年数本の大作映画はこうあるべきという作品だと思います。


我ながら見事に妥当な点数です。