トウシュの年間映画365本 予告犯

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
『予告犯』   個人評価☆3・0 予想評価☆3・0
アリがちな漫画の実写化、なれどドラマとして完成している。
 
早速ですがあれですね。もうすぐ不能犯ってのもあるみたいですし、

漫画原作のデス・ゲームの亜種だと思いますが、

とにかく人気があるジャンルというのでしょうか。

 

ストーリーはありそうなもので目新しさは無いですし、

人間ドラマとしては薄っぺらさもありますが、
 演出がうまいです。さすがは中村義洋監督。

 

今年も『忍びの国』面白かったし、

ホントレベルの高い監督さんだと思います。

個人的にはおすすめは『ちょんまげプリン』です。
 

はっきりいって映画としてそこまでの魅力はないですが、

十分に面白い映画。というのが感想。したがって、個人評価で3・0点
一般的にも3・0点。おおよその人がまず面白く感じる映画でしょう。
 
我ながら見事に妥当な点数です。