トウシュの年間映画365本 砂上の法廷

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
『砂上の法廷』   個人評価☆2・5 予想評価☆2・5

なんの変哲もない法廷映画。何も変哲がない。


早速ですがあれですね。法廷映画の安心感は凄いですね。

平均点以下になった法廷映画を思いつかないです。


ストーリーはありそうなもので目新しさは無いですが、

ラストは結構驚きでした。思い切った映画です。
 
ラスト以外は本当にありがちな域をでず、

冗長なのですが、撮影や演出が丁寧なので飽きはきません。

 

ただ人間ドラマとしての描き方が脚本か編集ではしょられすぎで、

主人公の相棒に至っては水増し以外の意味を持ってません。
 
ラストさえよければそこそこ面白くなる。ということですね。個人評価で2・5点
一般的にも2・5点。おおよその人がまず面白く感じる映画でしょう。
 
我ながら見事に妥当な点数です。