トウシュの年間映画365本 シン・ゴジラ

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
シン・ゴジラ』 個人評価☆4・0 予想評価☆3・5
もはや思いいれの問題な気がする。
 
早速ですがあれですね。『君の名は』と『シン・ゴジラ』論争。

うっとうしいですね。いつまでやってるんでしょうか。
 
さてオタク人気と揶揄されるシンゴジフィーバー。

オタクなのでオタクだけの人気かどうかは判断しかねますが、

まあ普通によくできた作品だったと思います。
 
最強の個であるゴジラに対する群である人。

個が強化されるにつけ、群もまた強くなる。
 人の強さを描いた作品だと思います。

 

基本的に低評価の方の言い分、会議が長い、

会話が聞きづらいという意見もよくわかります。

どれだけその欠点に耐性があるか、

もしくはオタク的なもの自体にどれだけ嫌悪感を持つか、

で評価が分かれるのでしょう。
 
 個人的には4・0点、アイデアや切り取りが好きだ。
世間一般には興業も良いですし3・5点。

ただし、場合により非常に低評価になりえる。ということで。
 
我ながら見事に妥当な点数です。