トウシュの年間映画365本 アウトレイジ 最終章

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
アウトレイジ 最終章』   個人評価☆3・0 予想評価☆2・5
北野映画初のシリーズついに完結。
 
早速ですがあれですね。北野映画は役者がいいですね。

タレントとしての名声をフルに使っているのは流石です。


というわけで、今回もピエール滝に大森南朋とよい役者が登場。

とりわけよかったのは大杉連さんでしょうか。

たまに邦画には同じような役者ばかりとの批判を目にします。
 
良い物は良いし悪い物は悪い。

むしろポットでの役者が一瞬スクリーンを席巻して、

爪痕を残さず、消えていく方が私は嫌です。
 
ところでこの映画、悪くはないですが、

そんなに面白い。ところまでは行っていません。

前2作とはプロットの出来栄えが格段に落ちております。

一方で役者の演技を楽しめる作品としては評価できます。
 
そんなわけで、これまでの経緯も踏まえて個人的には3・0点

お疲れさまでした。
一般的には面白さがもう少し欲しいでしょう2・5点
 
我ながら見事に妥当な点数です。