トウシュの年間映画365本 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』 個人評価☆2・5 予想評価☆3・0
シリーズ堂々の完結。原作と演出の見事なバランス。
 
早速ですがあれですね。やっぱり闇金は怖いですね。
 
漫画の実写化としては破格のクオリティを誇ったシリーズ完結。

主人公の過去を描いた作品は過去を描かない方がよかったように思えました。
 ドラマからのファンは違う印象かもしれませんが、

過去編はどこか普通のヤンキー漫画的で、

この作品のオリジナリティがうすれているように思えます。

 

とはいうものの、4作目ですから多少はこうした内容を入れないと、

作品として成立しないのかもしれません。

単純なバトルを越えてぎりぎりのやり取りを描ける原作が素晴らしいですし、

それを実写化に落とし込める制作サイドも良い仕事でした。

 

そして、なんといっても山田孝之さんが素晴らしい。

この映画はキャスティングですでに勝っています。

 個人的には2・5点、どうしても新味がない。
世間一般には評価されてもおかしくない3・0点。
 
我ながら見事に妥当な点数です。