トウシュの年間映画365本 猿の惑星:聖戦記

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
たぶん5本目『猿の惑星:聖戦記』 個人評価☆2・5 予想平均評価☆2・5
このブログ初の劇場で公開中の映画についてです。
 
早速ですがあれですね。これはくそ真面目な映画ですね。

とにかく過去のシリーズを汚さないように慎重で丁寧な印象を受けました。
 
面白さはそこまでないのが残念ですが、

とにかく丁寧に丁寧に人類の崩壊を描写しております。

 

アクションシーンも非常によくできており、

画面も綺麗ですし、猿の造形は完璧です。

やれることは全部やったと思います。
 
ややキモチワルイという感覚が猿には湧き上がるのですが、
最終的には人間の滅亡が観る側にも受け入れられやすくなっており、
苦心の跡がよく見えます。

 

質が高いがそんなに面白くない。というのが問題。

三部作で丁寧に描いたうえでも最終的にはやや駆け足にプロットが、

詰め込まれており、その割には映画は悠長に進むので、

長いわりには内容が薄目です。

 

脚本はサルと人間の対立に公平が欠けておりそこが残念ですが、

映画自体がそういうプロットのもとに作られているので、

これ以上にはなりようがない所までは完成しているといえます。
 
総合的には面白いところまではぎりぎり行かなかったので個人的に2・5点。

しかし人によればかなり嫌悪感を伴うかもしれません。

平均すれば真ん中くらい2・5点くらいの評価かなと思います。
 
我ながら見事に妥当な点数です。