トウシュの年間映画365本 メッセージ

 

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
4本目『メッセージ』  個人評価☆3・0 予想評価☆2・5
今どきはやらなさそうながっつりSF。もったいない。
 
早速ですがあれですね。言語学のPR映画でしょうか。
通常哲学的な SFを言語学的に解釈するとはなかなか面白いです。


イデアの出どころは劇中出てくるいくつかの言語学の説でしょうが、

物語がしっかりと構成されているのでハラハラドキドキします。
 
言語が通じてもコミュニケーションがとれない人類を描き、

かつ共通言語(妻の遺言)で一気に団結に向かうという

荒業ながらすみずみまで行き届いた脚本は見事です。

 

面白み は十分にあると思いましたが、

ハネルシーンが全くなく、盛り上がりに欠けるのが残念。

本来は誠実と評価すべきでしょうが、

加点したいですが、加点にはなりません。


好感を持てますが、冷静に観て個人的に3・0点。
一般的にはおそらくもの足りなさがあると思われます。2・5点

 
我ながら見事に妥当な点数です。

栗山米菓 ばかうけ青のり 18枚×12袋

栗山米菓 ばかうけ青のり 18枚×12袋