トウシュの年間映画365本 ザ・ボーイ~人形少年の館~

 

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
3本目『ザ・ボーイ~人形少年の館~』 個人評価☆3・0 予想評価☆2・5
三本目、作品のクオリティは確かでした。

 
洋館と人形・・・『アナベル』とごっちゃになって見逃していました。

どちらも正統派のゴシックホラー映画です。

 

イデアは新しさにかける印象はありますが、

よく練られていて面白いです。 

もう少し設定をうまく活かして欲しかったですね。

ルールや人形を世話する異常性をもっと前面に出してほしい。
ここがよければはねた評価になったでしょうが、

映画としての作りこみを優先した結果おざなりに。 
面白いので文句はないですが、

出来れば両方やって欲しかったのが本音です。
 

もう少しできそうな気もするけれど、

低予算のホラー映画としては十分に優秀。個人的に3・0点。
一般的にも感動こそないけれど楽しめる映画として2・5点

 
我ながら見事に妥当な点です。