トウシュの年間映画365本 阿修羅城の瞳

 

 トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
第一本目『阿修羅城の瞳』   個人評価☆2・0 予想評価☆1・5
さっき観たのでこれが一本目。仕方ないです。
 
早速ですがあれですね。コレは公平さが試される作品です。
まず、つまらないのはつまらないですね。
これは論を待たないでしょう。つまらないです。
 
つまらなさを説明するのも難しいですが、
根本的に演劇(舞台)ちっくな演出が、
とりとめもなく散らばってまとまりにかけており、また違和感があります。
演者が悪いといういうか演出のせい、
もしくは企画段階で間違えていたのでしょう。
 
良い所は、宮沢りえがかわいい。
結果的には無駄になったが俳優が豪華。の二点。
 
宮沢りえは演出のせいでところどころ少し変です。
少し変じゃないところはひどく変です。
ハスッパな役柄を時代劇とはいえ現代に観られるのはある意味貴重ですが、
効果的ではないので加点対象にはなりません。
 
俳優が豪華。豪華は豪華です。
だからといって加点対象にはなりません。
 
総合的にはつまらないがもっとつまらない映画はたくさんある。
ということで個人的に2・0点。
一般的にはそんなつまらない映画はあまり見ないだろう、
ということで1・5点
 
我ながら見事に妥当な点数です。