トウシュの年間映画365本 砂上の法廷

 

砂上の法廷(字幕版)

砂上の法廷(字幕版)

 

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
『砂上の法廷』   個人評価☆2・5 予想評価☆2・5

なんの変哲もない法廷映画。何も変哲がない。


早速ですがあれですね。法廷映画の安心感は凄いですね。

平均点以下になった法廷映画を思いつかないです。


ストーリーはありそうなもので目新しさは無いですが、

ラストは結構驚きでした。思い切った映画です。
 
ラスト以外は本当にありがちな域をでず、

冗長なのですが、撮影や演出が丁寧なので飽きはきません。

 

ただ人間ドラマとしての描き方が脚本か編集ではしょられすぎで、

主人公の相棒に至っては水増し以外の意味を持ってません。
 
ラストさえよければそこそこ面白くなる。ということですね。個人評価で2・5点
一般的にも2・5点。おおよその人がまず面白く感じる映画でしょう。
 
我ながら見事に妥当な点数です。

 

 

珪砂 8号 30Kg

珪砂 8号 30Kg

 

 

トウシュの年間映画365本 ア・ホーマンス

 

ア・ホーマンス [DVD]

ア・ホーマンス [DVD]

 

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
3本目『ア・ホーマンス』 個人評価☆2・0 予想評価☆1・5
実験的なものを販売できるのは芸術の世界だけ。
 
松田優作の唯一の監督作品。評価が高いらしい。

20年近く映画を観てきて、今回が初見。

さすがに観念して視聴。やはり観るほどのものでもなかった。
 

80年代の流行の映画を取り入れつつも、

70年代の情感と西部劇的なプロットと、

映画に対する監督の造詣の深さが伝ってくる。

 

全然面白くないところだけ何とかすればきっと名作だ。
 
監督が存命で後数本とればもしかしたら傑作もあり得た。

非常に残念ですが、個人評価は2・0点
一般的に現代ではかなりきついだろうので1・5点
 
我ながら見事に妥当な点です。

 

 

トウシュの年間映画365本 道化死てるぜ!

 

 

道化死てるぜ! DVD

道化死てるぜ! DVD

 

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
『道化死てるぜ!』 個人評価☆3・0 予想評価☆2・0
アイルランドからやって来たなかなかやり手のコメディ・ホラー。
 
早速ですがあれですね。『It』のリメイク版面白そうですね。

ピエロというとエド・ゲインとビリー・ワイズ。

どちらもトラウマ級の恐ろしさです。


最近いくつかピエロのホラー映画がありました。

良き父親が呪いのピエロ衣装を着てしまい。

という『クラウン』がやや出来上が良かったので、

もう今回はだめだろうと思ってました。

 

ところが意外や意外。この作品もけっこう当たり。

コメディとホラーのバランスが良く、

丁寧で誠実さを感じる映画でした。

 

悪役や俳優に魅力がないのが残念ですが、

B級映画としては十二分に魅力のあるおすすめできる映画です。
 

個人的にはかなり気に入りました3・0点。
一般的には観るのもつらいくらいかも2・0点

それでもこの映画は見る価値ありだと思います。


 我ながら見事に妥当な点です。

 

[訳あり] たまご 40個 (たまごの殻色にムラ 突起やざらつき)

[訳あり] たまご 40個 (たまごの殻色にムラ 突起やざらつき)

 

 

トウシュの年間映画365本 シン・ゴジラ

 

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
シン・ゴジラ』 個人評価☆4・0 予想評価☆3・5
もはや思いいれの問題な気がする。
 
早速ですがあれですね。『君の名は』と『シン・ゴジラ』論争。

うっとうしいですね。いつまでやってるんでしょうか。
 
さてオタク人気と揶揄されるシンゴジフィーバー。

オタクなのでオタクだけの人気かどうかは判断しかねますが、

まあ普通によくできた作品だったと思います。
 
最強の個であるゴジラに対する群である人。

個が強化されるにつけ、群もまた強くなる。
 人の強さを描いた作品だと思います。

 

基本的に低評価の方の言い分、会議が長い、

会話が聞きづらいという意見もよくわかります。

どれだけその欠点に耐性があるか、

もしくはオタク的なもの自体にどれだけ嫌悪感を持つか、

で評価が分かれるのでしょう。
 
 個人的には4・0点、アイデアや切り取りが好きだ。
世間一般には興業も良いですし3・5点。

ただし、場合により非常に低評価になりえる。ということで。
 
我ながら見事に妥当な点数です。

 

 

 

トウシュの年間映画365本 アウトレイジ 最終章

 

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
アウトレイジ 最終章』   個人評価☆3・0 予想評価☆2・5
北野映画初のシリーズついに完結。
 
早速ですがあれですね。北野映画は役者がいいですね。

タレントとしての名声をフルに使っているのは流石です。


というわけで、今回もピエール滝に大森南朋とよい役者が登場。

とりわけよかったのは大杉連さんでしょうか。

たまに邦画には同じような役者ばかりとの批判を目にします。
 
良い物は良いし悪い物は悪い。

むしろポットでの役者が一瞬スクリーンを席巻して、

爪痕を残さず、消えていく方が私は嫌です。
 
ところでこの映画、悪くはないですが、

そんなに面白い。ところまでは行っていません。

前2作とはプロットの出来栄えが格段に落ちております。

一方で役者の演技を楽しめる作品としては評価できます。
 
そんなわけで、これまでの経緯も踏まえて個人的には3・0点

お疲れさまでした。
一般的には面白さがもう少し欲しいでしょう2・5点
 
我ながら見事に妥当な点数です。

 

タチウオBESTガイド

タチウオBESTガイド

 

 

トウシュの年間映画365本 マッド・スピード

 

マッド・スピード [DVD]

マッド・スピード [DVD]

 

 

トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 
『マッド・スピード』   個人評価☆2・0 予想評価☆1・0
2015年のなんかよくわからんゾンビ映画
 
早速ですがあれですね。マッド・マックスとゾンビ映画を足したら、

もしかしたら凄く面白い映画が出来るかもしれんませんね。
 

というわけで、出来立てのソレを鑑賞。あれ、全然面白くない。なんだこれ。

面白いものに面白いものを掛け合わせたゴミです。
 
まずゾンビ映画とマッドマックスがうまく混ざっていないです。

たまにゾンビが歩いている、マッドマックス風味の映画になってます。
 
マッドマックス風味の映画は実は山ほどあって、

何本か鑑賞もしましたが、

マッドマックスが奇跡のバランスで成立していることを、

常に思い知るのです。

 

そう低予算では本来はあれは無理。

というわけで、なかなか苦痛の鑑賞となりました。
 
計画の意識の低さも手伝って個人評価で2・0点
一般人は手を出すシロモノではありません。1・0点
 
我ながら見事に妥当な点数です。

 

 

トウシュの年間映画365本 カリフォルニア

 

 

 トウシュの年間映画365本
 
たぶん日本で一番映画に平等な視線を持ったわたくしが冷静な目で映画を観て感想を書くブログです。おわかりのとおり独善的なものいいで書きます。別に気になさらない様にお願いします。
 

『カリフォルニア』(1993年、米)  個人評価☆2・5 予想評価☆2・0
幻の作品。という触れ込みのただの売れなかった映画。
 
早速ですがあれですね。いまや大スターのブラピも、

昔はけっこう恵まれていないですね。

 

売れなかったとはいえそこそこ面白い作品ですが、
問題は事件が起きる前と起きた後のテンションでしょう。

事件前のなにか起きそうな不穏な雰囲気は非常によいですが、

一方で、事が起きてからの迫力が弱いです。

 

これは演出と演技プラン両方が失敗だったかな。

ひどいってこともないですが、映画的な魅力に乏しいです。 

ただ、まずまずのどこにでもありそうな映画ながら

ブラピとデビッドドゥカブニー(モルダーですよ。)ジュリエットルイスと、

役者はかなりいいですので、失敗はしてるけど才能はある。

という今になって観るのには価値がある作品です。

まあ監督のドミニク・セナはそんなに才能ある感じではないので、

全部監督のせいにしちゃいましょう。
 
興行的にもさんざん。

ですが、B級サスペンスとしては十分に及第点で個人的に2・5点。
一般的にはなんかあんまりおもしろくないので2・0点
 
我ながら見事に妥当な点数です。